インプラント 難症例 骨造成 大月市 歯科 歯医者 山梨県

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい
初診・急患 随時受付 健康保険各種取扱 0554-22-1100
平日 9:30-12:45 / 14:00-18:30 土曜午前のみ 9:00-12:00 休診:木日祝
駐車場 アクセス

  1. TOPページ
  2. インプラント
  3. 難症例に対応した骨造成・再生治療

難症例に対応した骨造成・再生治療

難症例の方のアゴの形態にも対応

アゴの骨が薄い・足りないといわれる方は、インプラントを埋入する高さ(厚み)が足りないため、多くの歯科医院で断られる場合があります。

当院ではそういった方でも、骨造成治療で骨の厚みを作り、インプラントをすることが可能です。
当院で行っている骨造成テクニックは主に以下の通りです。

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎の骨の上の上顎洞(じょうがくどう)の空洞があります。この上顎洞に骨補填材を入れて、骨の厚みが出来上がるのを待ってからインプラントを埋入します。

ソケットリフト

ソケットリフト

特殊な器具を使って上顎洞底部を押し上げながら骨補填材を入れ、骨の高さを確保します。インプラントを埋入する部分から骨補填するので、傷口が小さくて済むというメリットがあります。

GBR

骨再生誘導法

歯を失ってから時間が経過していると、歯を支える土台の骨が減っていきます。
GBRは骨の骨幅が不足している部分に、骨補填材を置き、骨の再生させる治療法です。

以上、患者さんのお口の状態によって、どのような術式を使うかは変わってきます。

なぜ骨が足りなくなるのですか(痩せるのですか)?

ルーペ

布施院長より一言

歯周病で歯が抜け、歯が無くなると、人間の体は「歯がないから土台は必要ない」と判断し、歯を支えている骨(歯槽骨)を自然と下げていきます。

生まれたばかりの赤ちゃんは歯がないので歯槽骨もないですが、歯が生え始めるとアゴの骨を作ります。歯が無くなると骨が溶けてなくなるのは人間の体の自然な現象と言えます。

ですので歯は抜けた後も実は大切。土台である歯槽骨のことを考えると、歯は抜けたままにしないで、入れ歯やブリッジ、インプラントで何らかの補綴物を入れることが大切です。

地図・アクセス
〒401-0013 山梨県大月市大月1-6-14

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
0554-22-1100
平日 9:30-12:45 / 14:00-18:30
土曜午前のみ 9:00-12:00
休診:木・日・祝
駐車場 アクセス

〒401-0013 山梨県大月市大月1-6-14
JR中央線 大月駅 徒歩5分

診療時間
*△土曜午前中のみ 9:00-12:00です

ドクター紹介

診療メニュー

ページの先頭へ